カラコンの基礎知識

カラコンを使う前に知っておくべき事

カラコンを使う前に知っておくべき事 瞳の色が変わるだけで見た目の印象はガラリと変わります。カラコンは見た目の印象を手軽に変える事ができるので、メイクやファッションに合わせて使い分けができます。手軽にできるおしゃれアイテムですが、直接目に装着する物ですから、正しい知識をもって使用する事が大切です。以前は今とは違い、カラコンは単なるおしゃれアイテムでした。雑貨屋などでも手軽に購入できましたが、やはり目に直接装着して使うため、トラブルが多かったのも事実です。

目の病気やトラブルを起こし視力が低下したり、中には失明したりというケースもあったようです。あまりのもトラブルが続出したため、現在はコンタクトレンズと同じように、高度管理医療機器として扱われるようになりました。本来カラコンを購入する時は、眼科で目の検査を受け、処方箋をもらってから購入するようになっています。しかしインターネットなどでは、処方箋なしでも簡単にカラコンが購入できるようになっています。おしゃれ目的で使う場合は、度なしのカラコンを使いますが、普段からコンタクトやメガネを必要とする人は、度入りのカラコンを選びます。

度入りカラコンを購入する場合でも、自分の視力を知っていればネットで簡単に購入できてしまいます。コンタクトを使った経験があるなら、自分の目に合うレンズの選び方もある程度わかっていますが、カラコンにも種類があって、中には粗悪品も存在しています。カラコンをしたいけど、眼科に行くのは面倒だから、ネットで買えるならわざわざ眼科に行かなくてもいい、こう考えます。しかし安易な考えが後になって、目のトラブルや病気につながる可能性はゼロではありません。

カラコンを使う場合は、コンタクトやメガネと同じように、高度管理医療機器である事を理解しておきましょう。高度管理医療機器というのは、人体に使用した時、大きな影響を与える可能性がある物をさします。カラコンも高度管理医療機器である以上は、正しい使い方をしていれば問題ありませんが、思い込みや勘違いで間違った使い方をすると、目に与えるリスクが大きくなります。

せっかくおしゃれのためにカラコンを取り入れても、目のトラブルを起こしてしまっては本末転倒です。カラコンを購入する場合は、度あり度なしに関係なく、眼科で目の検査を受け、処方箋をもらってから買いに行く事をおすすめします。カラコンも自分の目に合った物を選ばないと、思わぬトラブルにつながりますので注意が必要です。

最新記事